アニ談

アニメと原作漫画等について楽しく談義!

    あけましておめでとうございます
    今年はもう少し更新頑張ります(予定)

    タグ:海外

    引用元:【悲報】中国の製作会社による日本人アニメーター爆買いが進行中 日本アニメ終焉へwwwwwww
    http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1442888435
    1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2015/09/22(火) 11:20:35.503 ID:vpHapIuS0.net
    現実味を帯びてきた、中国「爆買い」による日本製アニメの「終焉」

    アニメーターを中国人が爆買い!? 国内では原画単価1カット4,000円前後が相場とのことですが、最近では中国が日本人アニメーターに対して高額のギャラを提示してくるとか。
    一見、アニメーターの地位向上のようにも思えますが、数々の人気アニメの総作画監督を務めるふくだのりゆきさんはメルマガ『アニメーターとして生きる』の中で、この状況を「日本の国力低下に繋がる」と警鐘を鳴らしています。

    日本アニメ界を取り巻く危機
    現在、アニメーション作画においての原画料単価は4,000円前後が相場ですが、最近になって単価5,000円以上のTVシリーズという仕事が以前より多く現れ始めました。この仕事の着目すべき点は、そのクライアントの多くが「中国である」という点です。

    10年前JAniCA設立の際、その当時の代表であり発起人の芦田豐雄さんはこう言いました。

    「日本のアニメーターのギャラは安過ぎる、この値段ではレートの低い東アジア諸国からでも簡単に買い上げられる」

    この言葉の意味するところは、「ゆくゆくは日本人アニメーターの雇い主の多くが中国人になるだろう」という事です。
    【【悲報】中国の製作会社による日本人アニメーター爆買いが進行中 日本アニメ終焉へwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ